〒709-0855
岡山県岡山市東区瀬戸町沖210

tel:086-952-3331

岡山市 東区 内科 外科 消化器内科 肛門外科 内視鏡内科 麻酔科 放射線診断科 リハビリテーション科 肛門科

内視鏡検査・手術

診療案内

写真紀行集

詳しくはこちら

MOBILE SITE

胃をはじめ食道・大腸・肝臓・膵臓などの消化器系疾患の診断と治療をおもに行います。内視鏡技術と知識をもとに疾患の診断を行い、経口内視鏡、大腸内視鏡はもちろん、 苦痛の少ない経鼻内視鏡検査も行っています。
レントゲン検査とは違い、直接観察しますので、炎症の程度判定や早期がんの発見のための病理組織検査を行なうことができます。病状によりヘリコバクター・ピロリ菌の有無も検査できます。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡は、鼻から細い内視鏡を挿入して食道・胃・十二指腸を観察する上部消化管内視鏡検査です。内視鏡技術の進歩により、内視鏡を口からではなく鼻から入れて、比較的楽に検査をうけることが可能になりました。

メリット

  • えずくことが少ない。
    咽頭反射がおこる原因の部分に触れる可能性が少ないので、えずくことが少なく楽に治療を受けることができます。
  • 検査中に会話が可能。
    内視鏡で口がふさがらないので会話が可能です。
  • 体への負担が少ない。
    特殊なケースを除き、鎮静剤・鎮痛剤・鎮痙剤を使わなくてすむので、偶発症の危険性が少ないです。

デメリット

  • 鼻に違和感がおこる可能性がある。
    鼻の中を内視鏡が通るので痛みなど違和感があるかもしれません。予防のために鼻の麻酔をかけさせていただきます。また、検査後にくしゃみ・鼻水などがおこることもありますが、一時的なもので数時間後には治まります。
  • 挿入困難なことがある。
    鼻の手術を受けられたことのある方や、アレルギー性鼻炎、繰り返す副鼻腔炎などをお持ちの方は、鼻からの挿入ができないこともあります。無理に挿入した場合、痛みがある、内視鏡が抜けなくなるなどの問題がおこる可能性があります。その場合には、無理をせず口からの挿入に変更します。

経口内視鏡

経口内視鏡は、口から内視鏡を挿入して食道・胃・十二指腸を観察する上部消化管内視鏡検査です。経鼻内視鏡より、大きい内視鏡を使うため、より鮮明な映像を得られます。また内視鏡を使用した治療や細胞の採取などを、より高い精度で行えます。

メリット

  • 様々な処置が行え、より確実な検査が行えます。

デメリット

  • 検査中にえずく可能性が高く、体にかかる負担が大きいです。

大腸内視鏡

大腸内視鏡は、肛門から内視鏡を挿入して大腸の内壁を観察し、大腸の炎症性の病気 (腸のただれ・傷)、大腸のポリープ、その他の診断をする下部消化管内視鏡検査です。従来の検査より、精度の高い検査ができ、また治療も行えます。

メリット

  • 病気を早期発見できます。
  • 細胞の採取して詳しく調べることができます。
  • 潰瘍による出血などをその場で治療することができます。
  • 開腹手術を行わないでポリープを切除できます。

デメリット

  • 検査するためには十分な空気や炭酸ガスを入れる必要があり、鎮静剤を使用していない検査ですと、膨満感があります。
PAGE TOP